トップページ > スタッフ紹介

札幌自由が丘学園 三和高等学校の常勤スタッフたち

学校長 亀貝 一義
社会科・北海道科担当

安心できる居場所と楽しい学びの場としての学校

札幌自由が丘学園は、6人の子どもたちととも にフリースクールをスタートさせたのが93年11月1日でした。それ以降300名を超える子どもたちや若者にとって安心できる必要な居場所、楽しい学びの場をつくってきました。
これは昔から学校のもっていた意味でした。私たちはこの意味をあらためて見直し、札幌自由が丘学園を真に子どもたちに必要な学校にしていこうと思っています。 この学園を「もうひとつの学校」の意味をもつオルタナティブスクールにしていきたい理由です。

写真:亀貝 一義

副校長 杉野 建史
数学科・工業科目担当

今までの自分、悔しい思いや悲しい思い、楽しかったこと嬉しかったこと。全部背負って一緒に歩いていきましょう。新しい仲間との出会い、新しい体験との出会い、そして私たち職員との出会い。今までのそしてこれからの自分を大好きになれるように、"今一歩の挑戦"をいつも心に学校生活を共におくりましょう。
私たちは、夢を共に語れるような子どもに成長して欲しいと願っています。そのために、人との繋がり、様々な体験、基礎学習を重視しています。子どもたちのために、私たちだけでなく、保護者の方々や学園を応援してくださる諸団体の皆様とともに、教育実践を行います。人間どうしの「わ」、人間と自然の「わ」、平和の「わ」、この3つの"和"="三和"を大切に邁進いたします。

写真:杉野 建史

田房 絢子
情報科担当

新しい自分との出会い

自分の中のたくさんの思い、閉じこめていませんか?楽しい事は笑顔で分け合い、つらい事はちょっと背中を押してもらい、頑張った事はお互いに褒めあい、認め合う。色々な人と思いを共有し、様々な意見を聞き、考える。そこからまた新たな自分が生まれます。私たちと一緒にもっと元気な自分、新しい自分を見つけていきませんか?

写真:田房 絢子

安齊 裕香
保健体育科担当

キラキラした学園生活をいっしょに送りたい

水泳、バレーボール、スキューバー、カヌーなど、カラダを動かすことや、野外活動が大好きです。以前は野外活動指導員や児童厚生員として、運動やレクあそび、自然とのふれ合いを伝える仕事をしてきました。
楽しいこと、好きなこと、興味を持つことを増やせるように、たくさんの経験をさせてあげられればと思っています。
みなさんとたくさん笑って、いっしょにキラキラした学園生活を送れるように努力していきます。

写真:安齊 裕香

桑名 八重
社会科・北海道科担当

それぞれの可能性を信じて

人は、それぞれ色々な可能性を持っています。
これから自分に何ができるのか、何をしたいのか。色々な経験を通して考えていってほしいと思います。
皆さんの学校生活は楽しいこと、大変なこと、ときには苦しいこともあるでしょう。毎日の生活の中で、仲間をつくり、一つでも多くの好きなことを見つけていけるように、全力でサポートしていきます。

写真:桑名 八重