春の再会

                  田房 絢子

生徒と話していると、ふと自分の曇り色の高校時代を思い出します。

あの頃の自分が大嫌いで、なぜだろうどうしようとずっと思っていました。

いつも悩んでいた毎日。日々悩みを見つけようと、そこらへんの道ばたにまで

目を凝らしていた気がします。悩みを食べて生きている生き物ですよ、思春期って。

その経験が後に役に立つことなんてこれっぽっちも分からずにいましたが、

あの時代にどれだけ悩むかが大人になってから大切なことなんだと今では思っています。

なんであんなに悩んでたんだろう?って正直思いますけどね(笑)

そんな高校時代の恩師と先日ゆっくり話す機会を持つことが出来ました。

大人になって、同じ職業に就いたことで見えてくることもあります。

降って湧いてくる思い出話に、久しぶりに時間を忘れました。

そして思ったことは、意外と私はいろいろな経験(明るい意味で)をしていたこと、

あの3年間を混沌とした時間としてまとめてしまっていたことで、

色褪せてしまったことに気がつきました。考えてみれば明らかなんですけどね。

他の人の視点だからこそ発見があることに、また改めて思い知らされた出来事でした。

それにしても、高校を卒業して20年が経ちました。

色褪せずにいる恩師との時間に、春の再会に、感謝感謝です。

月別アーカイブ