カレーの思い出

三和高校 本間 香菜

札幌自由が丘学園のカレー王子と言えば、フリースクールスタッフの新藤さんですが...。今回は私のカレーのお話。

三和高校は、先週末から1・3年生が夏季スクーリングにでかけています。2年生の生徒と数人のスタッフが残る札幌学習センターはとても静か。そんな中、話題にあがった「カレー」。今回のスクーリングでは、カレーコンテストが行われます。1・3年生の各グループは事前にどんなカレーにするか話し合って行き、最終日には野外での火起こしからのカレー作り。この事から、札幌学習センターでも、カレーの話に。

亀貝先生は、カレーが好きでないことがわかったり、豚肉派、牛肉派、シーフード派などの話が出たり、「私はピーマンが好きだから、ピーマン入れるんだ」「うちはレンコン入れるけど、美味しいよ!」など。様々なカレーの話に。

私の印象に残っているカレーの思い出は、カナダにいた頃の2つの思い出。2014年の春、私はカナダへ飛び立ちました。

最初に滞在したのはトロント。夏の間の3か月間、パワフルなお母さんの元で、ホームステイをして過ごしました。その滞在中に私は、ホームステイファミリーと一緒に様々な料理をつくりました。特に、金曜日はブラジル人のルームメイト'カリーナ'と私の交代でそれぞれの国の家庭料理を作っていました。その中でとても好評だったのが、カレーライスでした。日本にもカレーがあるなんて!と、びっくりしながらも、とても美味しいと喜んでもらいました。日本のカレーが温かい夕食を演出してくれた思い出の夜です。

次に私が滞在したのはバンクーバー。ここでも最初の2か月をホームステイで過ごしました。滞在したのは、インドからカナダに移住したおばあちゃんのお宅でした。ここでの食事は、毎日がカレー味の炒め物や煮物。いわゆる日本のカレーとは全く違い、いろんな野菜がカレー味になって出てくるというイメージ。大きな庭があり、毎日新鮮な野菜を収穫して調理してくれるのですが、味付けはそれぞれ少しずつ違うものの、全てカレー味。イメージしていたインドカレーとも全く違いました。「インド料理は全部カレーなのよ。」(※カレー味=カレー)と言われた日は衝撃でした。あの頃、毎日食べていた、私にとってはカレーのようでカレーでないカレー。思い出すと、また食べたくなるなんて不思議ですね。

月別アーカイブ