トップページ > 学園ブログ・スタッフエッセイ

スタッフ西田の生態~その①~

安齊 裕香

「いつかこの題材を論文にしようと考えている」と本人に言ったのはここに入って1年くらい経った時だったと思う。なぜか。見ていると不思議なことがいっぱいで、観察するのに値する人だったから。見ているだけでもとても面白い人なのです。だから書いちゃいます。

西田さんと私が出会ったのは4年以上前。
西田さんは先に三和高校で働いていて、私は数カ月後に入社した。お互い違う人生を歩んできて、同い年の同期となった。小さな職場で同い年の同期ができるとは思わなかった。

まずは西田さんのポイント。

スタッフ西田は関西人だ。
4人家族の長男。2人兄弟で、家族全員が西田さんの顔をしている。(写真を見せてもらった)(※西田註:言い過ぎです。結構顔は違います)。お正月に西田一族が集合するらしいが、グランドピアノがあるお家を見ると素敵な人たちに囲まれてスクスク育ったのがわかる(※西田註:グランドピアノがあるお家は自分家ではなく親戚のお家です)
学校では関西弁が響き渡っている。それがとっつきやすい。よく生徒が関西弁を真似し、イントネーションの違いを私と争っている。

スタッフ西田さんは薄い。
何が薄いか。カラダが薄い。体重が増えないらしい。みんなから体重を増やすように言われている。体質改善をしていると言い張るが、運動はよくしているのはまずよし。問題は食べ物だ。食生活の見直しが必要。スイッチが入ればお昼はお弁当を作って来る。ほとんど、チャーハンかケチャップライス(オムライスではない)(※西田註:「俺のオムライス卵抜き」です。ケチャップライスではありません)、カレーのどれか。ときどきからあげが入っている。夜はせいきょうで買うか、給料日は一人でご飯を食べに行く(※西田註:スイッチが入れば夜も作ることがあります。あとここ最近は給料日に食べに行くのは行ってません。)。でも好き嫌いが多いし、野菜をあまり食べないので将来奥さんになる人は大変だろう。

と、一つ一つ取っていっても興味深い所がたくさんあるわけで、この一回では書ききれない。これを書くにあたり、西田さんはおもしろがっているし、決して嫌がっていない。とうとう論文としてまとめ始めたら楽しみにしてくれている。だから続編をまた書こう。

ブログ記事を読む

僚友鶴丈治さんの急逝にあたって

札幌自由が丘学園三和高校校長 亀貝 一義

非常勤講師の鶴丈治先生が、先日(9月23日)文字どおり急逝された。翌日の朝、同じ講師である梅田木さんからの電話「鶴さんが死んだ」と。梅田さんの口調から「これは冗談ではないぞ」と感じ取ったのだが、驚きというか落胆というか、形容のしようがない。すぐ杉野さんとともに鶴さん宅を訪問した。

鶴さんの奥さんも10数年前に亡くなっている。お二人の子どもさんはもちろん立派な社会人でそれぞれ札幌から離れた地で活躍されていることは鶴さんから聞いていた。しかしお二人とも在宅で涙ながらに事情を説明してくれた。しかし、なにぶん「急逝」であったため、知人宅で倒れ救急車で市立病院に運ばれたがすでに手遅れ、という程度のことしか分からない。

そして昨日25日のお通夜(鶴さんはキリスト教徒なので「前夜式」というのが正式な言い方)に続いて今日の告別式だった。

本校からも全員の職員が前夜式か告別式に参列し、鶴さんを偲び、別れの見送りをした。生徒たちも多くが参列したし、卒業生もまた参列していた。
私も在りし日の彼、そして鶴さんとのさまざまなふれ合いの数々を思い出して涙を禁じ得なかった。

現役の教師(スタッフ)とこのような形で別れ、野辺の送りをしたのは柴田宏樹さんに続いて二人目である。(柴田さんは札幌自由が丘学園創立者のお一人。2002年12月26日に逝去された)。

私が札幌自由が丘学園の高校スタッフとしてぜひ参画して欲しいと希望して彼に会ったのは2007年2月だった。この年の4月、札幌自由が丘学園高等部(当時まだ「高等学校」ではなかった)の第6期入学式が行われ、鶴丈治教諭が初めて本校に登場することになる。

もっとも私は彼が北星大附属高校(かつてこの高校は「北星男子高校」「北星新札幌高校」と言っていた)のほとんど開校当時からのつきあいだった。そして日本古代史学のいわば「亜流」であったがきわめてユニークな学説を称えていた古田武彦さんのグループでもいっしょだったから、札幌自由が丘学園開校よりも古いつきあいになる。

鶴さんが本校のスタッフになって「これで札幌自由が丘学園にツルカメがそろったね」などと笑い合ったことも今では懐かしい。
国語の教師であるが、実に博学だった。旅行もよくしていたから世界の事情、あちこちの港町のことも詳しく教えてもらったことがある。                

人生いろいろ。出会いもあるが、最近ではむしろ悲しい別れの方が多いのでは、という気持ちがする。与えられた命を大切にしながら、札幌自由が丘学園への夢を持ち続けて頑張らねば、という気持ちを強く持った今日の「鶴丈治兄の葬儀」だった。(2013.9.26)。

ブログ記事を読む

「自由であること」

フリースクールスタッフ 鶴間 明

不自由な世の中になってしまった。
先日、生徒たちとサイクリングに行った際に、立ち寄った公園でつくづく思った。
私が育てた子たちを連れて、かつてその公園に来た時にはあった遊具が取り去られていたり、使用禁止になっていたりした。
使えなかったのは、とても高い位置からつり下げられているブランコや、螺旋状に降りてくる滑り台等で、いずれも私の子どもたちが好んで遊んでいたものだった。
私も、生徒たちと童心にかえってそれらの遊具で遊んでみようと思ったのだが、すっかり興ざめしてしまった。
生徒たちも「この遊具、小さい時に、ハマっていたのに、、、」と残念そうにしていた。
危険な遊具は取り去って、安全な遊具だけにしてしまう。
危険な物はないので、これで子どもたちは安心して自由に遊んでくれるだろうと大人は思う。
しかし、ここにこそ大きな落とし穴が潜んでいる。

取り去られていった公園の遊具でとても思い出深かったのは、箱ブランコだ。
4人で向かい合わせになりながら力を合わせて揺らすことのできるブランコは他にはない遊びだった。
しかしこの箱ブランコ、外側から押すと、手を滑らせて転んで、頭がブランコの下敷きになってしまって命を落とす危険なケースがあり、次々と撤去されるようになってしまった。
跡地には箱ブランコが地面に埋める様に設置され、ただのベンチになってしまっていた。
撤去はこれだけに留まらず、衛生面の問題で砂場が、箱ブランコと同様に安全性の問題でジャングルジムが撤去されてしまってきている。
先日行った公園では高い部分の鉄棒や振幅の長いブランコ、そして一部の滑り台も使用禁止になっていた。

これらの事故で怪我や命を落とした方は本当に残念なことであると思う。
しかし、一度事故があると、その責任の全てを設置した側、設計した者が負うことになり、結局は次からは担いきれないので撤去してしまうという流れで、私たちは幸せになれるのだろうか。
旧約聖書の冒頭にはエデンの園の話がある。
エデンの園の中心には食べてはいけない木の実をわざわざ神は設置している。
これを食べると死んでしまうと言われた木の実だが、他の木の実は食べても良かった。
善悪を判断できる状況になっていることが自由であるという事である。
神は人間を想像するときに自分のペットのようにではなく、自由を与えるほどに大切な存在として扱ったという話だ。
「自由」というと好き勝手にできるイメージがあるが、規則を破る自由もあれば、自分の意志で守っていく自由もある。
本当に自由な人間は、誘惑を振り払ってより善く生きることを選択しようと努力するはずである。
ただ、人間は不完全で、時に失敗をすることもある。(アダムとエバも禁断の実を食べた)
しかし、だからといって、食べも良い木の実だけしかない世の中にしたとしたら、それは人間が自分の意志で選んでいるのではなく、まるでペットのように扱われて、檻に入れられ、良い物だけ選ばされている状態と変わらない。そのような状態では、人間の心が育つはずがないのである。
人間には良いことと悪いことを選んで生きる権利がある。
そして、若者には、失敗する権利もあると私は思っている。
小さい頃から、やってよいことと、いけないこと、これ以上やってしまうと危険なことと、ここまでであれば安全であることを、失敗を繰り返しながら、泣きながら、体感しながら覚えていくことが必要な時期がある。
その過程においては、まれに大きな事故につながることもあるが、他の動物が自然界の中で危険を冒しながら成長するのと同様に、人間が成長するために避けて通れない道筋でもあると私は思う。

さて、これから日本の公園はどうなっていくのだろうか。
これから箱ブランコが復活するとは思えない。
ブランコも危険、トイレは不衛生、芝生も除草剤があるからだめ、その内、転んだら危ないからと地面まで撤去するのではないだろうか。

札幌自由が丘学園では生徒たちは昼休みに自分たちでヤカンでお湯を沸かしてカップラーメンを作っていたりする。
管理教育が徹底している公教育から転勤してきた私にとっては驚異的なことだったが、この学園ではガスレンジを生徒たちが日常的に自由に使って良いのである。
本当の教育というのは最新式のプログラムの中にあるのではなく、人間としてごくごく当たり前のことを当たり前に行える中に、賢い者にとっては非常にわかりにくく隠されている気がする。
だから、この「小さな学園」の「大きな自由の風」を社会に発信していくことの意義は、今日もとてつもなく大きいと感じているのである。

ブログ記事を読む

これも生涯スポーツ?

桑名 八重

先日、オリンピックの東京開催も決まったが、今月は甥っ子、姪っ子がそれぞれ運動会である。 来年小学生になるから、少なくてもまだ6回は運動会があるわけだ。 毎年にこにこ笑いながら走るかけっこの写真が届く。(はじめは泣いて親のところへかけこんでいたが・・・)

けして運動が得意ではない私だが、運動会に辛い思い出や嫌な思い出はない。
・・・覚えていないだけだろうか?
私の通った小中学校では当時、春には保育所から中学生、地域の人まで参加の大運動会、冬には小中学校で雪中運動会が恒例。
今考えると先生たちの苦労はすごい。
運動会は、生徒数が少ないために生徒から父兄までみんな参加。生徒はほぼ出ずっぱり。お昼どきには、ジンギスカンを囲むご家庭もありでかなり自由な状況だった。
競技の辛さよりも笑いの絶えない運動会だったと思う。

高校生になったらけっこう体育は苦痛になった。水泳、スキー、マラソン、ダンス、球技。かなり色々な種目をやった。
大学生になったら、必修体育以外ではスポーツと疎遠に。

今、生徒たちと年15回程度の体育にいそしむ。
「10代のあんたたちと体育やるの、辛いんだよ~」
と言いつつ、気持のよい疲労感を感じつつ、かなり楽しく参加している。
プライベートでもスキーやカヤック、なぜかゴルフ。本当にすこーしずつではあるが、普通にやっている。
大学時代の友人に「あんた、いつのまにそんなにアウトドア人間になったの?」と驚かれる。

やっぱり、根本的に楽しかった運動会の記憶があるのか。
楽しい記憶はいつまでも残る。
大人になってスポーツを始めるきっかけは「健康」「ダイエット」だけでなく、こんな記憶にもよるのかな。
いつまで続くか自分でも判らないが「体を動かすのが楽しい=生涯スポーツ」なのかな。と思う今日この頃。

とりあえず、
オリンピックも運動会もたくさんの子どもの楽しい思い出になってほしい。

ブログ記事を読む

不登校相談会

高村さとみ


先日、フリースクールと不登校の子どもを持つ親の会合同の不登校相談会を行いました。相談会は2006年以来、実に7年ぶりの開催です。それも前回はフリースクールによる相談会だったので、親の会も合同で行うのは初めてのことでした。

このような相談会を行った背景には昨年度の「登校拒否・不登校を考える夏の全国大会in北海道」の実施があります。初めての北海道開催。道内フリースクールの協力はもちろん、親の会にも協力を仰がなければ成功し得ない状況でした。この全国大会の実行委員を募った際に親の会の方々が快く引き受けてくださり、さらには広報活動なども熱心に行ってくださったことで、無事に成功を収めたのでした。

昨年度にそのような出来事があったばかりだったので、不登校相談会を開催しようと決まった時には自然と「親の会も合同で」という声があがりました。当日参加したフリースクールは8団体、親の会は6団体。広報やパンフレットの設置に協力していただいた団体はさらに数団体あります。全国大会を実施する前までの私はこのように多くの団体が協力し合って(しかもフリースクールと親の会が合同で)一つの事業を行うようになるなど考えてもみませんでした。当日は団体の枠を超えて、テーブル席に各フリースクールスタッフ・親の会メンバーが散らばり来場者の相談をほぼマンツーマンで受ける、必要に応じて他団体の紹介をするというスタイルで行いました。このやり方は互いの団体の活動内容を知らなければできないことです。20名近くの来場者の相談を各自が受けている様子を見た時は胸が熱くなるのを感じました。

先に述べた通り、全国大会の実施がなければこの相談会の成功はありえませんでした。しかし、さらにさかのぼると札幌市への公的助成を求める運動を共に行ってきたこと、さらには私が札幌自由が丘学園で勤める前からのフリースクール同士の交流や親の会とのつながり。そうしたものが全てつながって今に至っているのだと、そう感じるのです。私もうかうかしてはいられません。私が今やっていることもきっと未来につながっているのですから。

ブログ記事を読む

沖縄への旅・今昔物語

 亀貝 一義

 札幌自由が丘学園三和高校の修学旅行は毎年沖縄をメインにしている。与論島も含めるのだが、これは行政からすれば鹿児島県だ。しかし北海道人の私たちからの感覚では沖縄の一部という認識であってもあまり不自然ではないだろう。

 私自身何度か沖縄への旅は経験している。一番最初は、1979(昭和54)年だった。沖縄県が日本復帰したのは72年だったから、まだアメリカ支配の雰囲気が残っているという印象だった。
 そのときは、お正月休み中で、札幌は最も寒い時期だったが、石垣島では考えられないほどの気温で日本が南北に長いことを実感した。また沖縄に近づいたときに空から見える海の青さが今も記憶にある。また石垣島で、聞こえてきた「石狩挽歌」のフレーズが違和感とともに北海道への懐かしさを届けてくれたことも記憶にある。
「海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
 赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ…」

 帰宅したら、ウチの中の水道管がシバレていて驚いた。

 修学旅行で生徒たちは北海道とは大きく違う沖縄の自然や風土を体感するとともに、先の戦争の悲惨な歴史、今に続く軍事体制の一端などを認識するはずだ。事前に、数時間使って「沖縄」の学習をする。ひめゆりの「語り部」の女性からナマの話も聞く機会をもつ。

 一生忘れられない旅であるに違いない。

ブログ記事を読む

演劇部

田房絢子

先日、演劇公演が終わりました。部員たちはこの1か月、夏休み返上で取り組んできました。今年は「朗読演劇」。舞台挨拶で部長が“「朗読劇」と「演劇」のハイブリッド”と表現していましたが、今回はそれぞれの難しさを合わせたようなものだと思います。台本も難しく、感情の表現がうまくできずに何度も練習することが多くありました。本番ではうまく表現できたでしょうか。出来に関しては、それぞれ思うところがあると思います。次の日には反省会をしていたので、次に活かして欲しいと願っています。

部活動は好きなことを一生懸命に突き詰めていく格好の場ですが、それは当たり前のこと。それ以上に人間関係や社会のルールを学ぶ場です。練習中にはうまく伝えることができずにお互いすれ違ったり、全員集まれずに雰囲気が悪くなったりすることもありました。でも全員向いている方向は同じ。今回も公演に向かって葛藤しながらも努力を続けました。そしてそれが終わった今、これまでのことを全部とまでは行かなくてもさらけ出せているのではないかなと思います。公演前よりも部員同士が自然と輪を作っているように見えます。

人前で演技を見せる。それを常に感じながら練習を再開して欲しいと思います。次回はいつになるかわかりませんが、ただ舞台に立つというだけに終わらないよう、納得できるものを作り上げられるよう、これからも部員みんなで盛り上げていってもらいたいですね。

ブログ記事を読む

『最近の転機』

安齊 裕香

最近引っ越してみた。

久しぶりの引っ越し。

小さい頃から父の仕事の都合でいろいろな町に住んだ。
全部道東だけど、どこに行っても食べ物が美味しかったのは満足だった。小学校は3回変わって、先生は5回変わった。なんだか落ち着かなかったけど、友だちがあちこちにたくさんできたのはいい思い出だし、親にも感謝。

そんなこんないろんな場所を巡るうちに、ここには住みたくないなぁ~と思えた町もあったし、家もあった。怪奇現象(!?)が起きる家もあった。なんか人に温かみを感じられない土地もあった。多感な年頃だったからかな?

高校は小学校の頃からここに行くって決めていたところに入学した。
通学が困難だったので、高校の近くに引っ越した。

大学は江別に行った。
また引っ越した。

大学を卒業して札幌の就職先に近い場所に引っ越した。
やっぱりそこで働くことはやめようと決めた。
だからまた引っ越した。

実家の方面で働くことにした。
数年間実家暮らしをした。

実家の居心地の良さが大好きだけど、やりたいことがあったからまた札幌に引っ越した。
そこから5年近く経っての引っ越し。
自分たちだけでの引っ越し。『掃除って大変だなぁ~』『(親は)よく子どもが居ながらよく荷造りしてたなぁ~』『親のパワーはすごかったんだなぁ~』と感じたこの1ヶ月間だった。

今年は転機な予感。

ブログ記事を読む

「炎」を見る

フリースクールスタッフ 鶴間 明

夏になると河川敷でバーベキューを楽しむ人たちを見る。
炎天下の中、仲間と一緒に火起こしをして会話を楽しみながら飲んだり食べたりする姿が見られる。
マナーが悪いなどのちょっとだらしない事もあるのだろうが、私はそんな様子を見ると安心する。

私は学生の時から七輪が好きで、お金はなかったが、なぜか七輪だけは持っていて、どこかへでかけていっては、ウィンナーやら、ちくわやら、色々な物を焼いて食べたものだった。
七輪は本当によくできたコンロで、わずかな炭で、高い火力を長時間維持できる。
空気調整をすれば火力調整までできる。
シンプルな構造だが、本当によくできている。
そのために、ホームセンターなどで販売されているバーベキューコンロは、炭を大量に使って、周囲に熱が放熱されてしまうために、未だにほとんど使ったことがない。
時代錯誤かと思われるかもしれないが、私は今でも七輪を日常生活で頻繁に使って調理をしていることが多い。
カーポートには七輪をすえつける卓を既に用意していて、いつでもすぐに火を起こして炊事できるようにしてある。
魚を焼いたり、天ぷらをする時などは、家の中が臭くなったり油っぽくなったりしなくて済む。
ご近所さんから見たら、こんなところに屋台?と思われる光景かもしれないが、私はあまり気にしないで続けている。

火を起こして使えるようになるまでには多少の苦労がある。
ガスレンジの様に高い火力がすぐに得られるわけではない。
最初は煙が多く、頭も服も煙で燻されて臭いが移る。
しかし、こんなマイナスポイントを重ねてでも、炭で調理した物はうまい。
それに、火を見ていると不思議に落ち着くのだ。

人類は長い間、火と共に生活してきた。
昼は獲物を焼いてより衛生的に食べるために、夜は明かりと暖を取り害獣からも守るために、火を起こしていたのだろう。
火を囲み、火を見つめ、語ったり、踊ったりしていたはずだ。
そんな生活を何世紀もしていたはずなのに、オール電化になれば一日に一度も火を見ることもなく、不思議に暖められた物を食べることができている。
では、代わりに何を見て生活しているのだろう。
テレビ? パソコン? 携帯電話?
これらの炎の代用品は、果たしてかつて炎が持っていた役割を本当に果たしてくれているのだろうか。
人類の遺伝子に組み込まれた情報を、そう簡単に組み替えることができるのだろうか。
火を囲まなくなった人類が、どんな存在になっていくのか、まだ誰もわからないのだ。

小さな七輪の炎が、私を安心させてくれる時間。
人の目があっても、特に気にせず、家族で会話ができる時間。
それは、一日の中で、自分が自分に戻れる最も大事な時間なのかもしれない。
※ただし、虫除け対策を忘れずに。

ブログ記事を読む

~夏~

桑名八重

7月も中旬に入り、北海道も夏の暑さがじわじわと・・・。

三和高校はどちらかというと、夏の行事が目白押しです。
強歩遠足、スクーリング、ヨット体験×2種類、夏休みを目前にして課外授業。

忙しいなぁ。と思いつつ、
今のうちに色々なことやっておかなくては。すぐに寒くて動くのがいやになってしまう。

今日(7月16日)のニュースで言っていたがど、
最近の子どもは海が嫌いだそうだ。
べたべたするから、というのが大きな理由らしいが。

私も冷たい北海道の海であまり泳いだ記憶はないが、
海辺では随分遊んだ。
今では絶対できないが、小さい時には田舎の汽水域でシジミ取りとかも。

「短い夏」とはいうけれど、
今この時期だから出来ることを、思いっきりやってほしいなぁと思った。

私の今年の夏は、海水浴はないけれど川遊びに力を入れることだろう。

夏も好きだけど、その後の収穫の秋も楽しみ。
四季があるって楽しい。

ブログ記事を読む
前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

月別アーカイブ