トップページ > 学園ブログ・スタッフエッセイ

「スマホ狂」?時代

亀貝 一義

「狂」という字はあまりいい意味をもっていない。例えば「狂っている」などという言葉でいえば今は使ってはいけない語ではないだろうか。「プロ野球狂」などという語では、プロ野球に熱中している人の意味で、「野球マニア」と言ってもいい。

私はJR通勤なのだが、JRの中ではとにかくスマホを手にしている人が多い。ネコもシャクシもスマホだ。私はこういう現象をずっと昔、チャップリンの「黄金狂時代」などという映画があったことを思い出したが、この語を利用させてもらって「スマホ狂時代」と言いたくなる。

かくいう私も時にはスマホを手にして、メールを見たり、ネットで調べ物をすることもあるから他人ごとではないのだが。

乗り物の混んでいる時に、顔が目の前にあってもスマホをいじっている人がいる。後ろを向いていじればいいのにと思っていたが、後ろを向いてやれば、背中越しで何を打っているか、何を書いているか知られるかも知れないということでこういう姿勢でスマホをいじっているのだと分かる。「こんなに混んでいるときにバカでないのか」と心の中で思っても、それでことさら自分が困らされるわけでもないから「黙認」しているのだが。

車中スマホに熱中している人は男が多いか女が多いか、ざっと数えてみた。気持ちだけではあるが、どうも女性の方が多い感がする。

スマホが普及したり、PCが普及したりで、人びとの受け取る情報は計り知れず多くなっていく。だから自分の好きな分野で言えば、想像できないほどの知識量を持ち合わせている人が多いのではないか。

ずっと昔(1000年ほど昔の平安時代)、ある娘は「本を読みたい、小説を読みたい」と小さな仏像を創って毎日拝んでいた。そして願いが叶って京の都に行くことになって、たくさんの物語を読むことができて幸せを感じ取ったという「更級物語」を思い出したが、何と今は自分の希望が容易にかなえることができるようになったことに感謝したい。この物語の終わりはメデタシではないのだが。

ウチの生徒諸君も授業のないときはスマホを大いに役立てている。授業中、これをいじっている生徒はほとんど見ない。他の高校の先生から「何度注意してもスマホを離さないから、登校したらこれを強制的に先生が預かることにしている」などということを聞いた。こういう「苦労」をしなくてもいいからわが校の生徒はいい生徒だと思っているのだが。

願わくば、スマホ狂時代が多くの国民にとって政治や社会への認識の深まりと社会を少しでも暮らしやすくしていく発信の時代が広がることだが。

ブログ記事を読む

春の再会

                  田房 絢子

生徒と話していると、ふと自分の曇り色の高校時代を思い出します。

あの頃の自分が大嫌いで、なぜだろうどうしようとずっと思っていました。

いつも悩んでいた毎日。日々悩みを見つけようと、そこらへんの道ばたにまで

目を凝らしていた気がします。悩みを食べて生きている生き物ですよ、思春期って。

その経験が後に役に立つことなんてこれっぽっちも分からずにいましたが、

あの時代にどれだけ悩むかが大人になってから大切なことなんだと今では思っています。

なんであんなに悩んでたんだろう?って正直思いますけどね(笑)

そんな高校時代の恩師と先日ゆっくり話す機会を持つことが出来ました。

大人になって、同じ職業に就いたことで見えてくることもあります。

降って湧いてくる思い出話に、久しぶりに時間を忘れました。

そして思ったことは、意外と私はいろいろな経験(明るい意味で)をしていたこと、

あの3年間を混沌とした時間としてまとめてしまっていたことで、

色褪せてしまったことに気がつきました。考えてみれば明らかなんですけどね。

他の人の視点だからこそ発見があることに、また改めて思い知らされた出来事でした。

それにしても、高校を卒業して20年が経ちました。

色褪せずにいる恩師との時間に、春の再会に、感謝感謝です。

ブログ記事を読む

復帰しました~

安齊 裕香

お久しぶりの安齊です。

出産、育児休暇を経て4月から復帰しました。

お休み中連絡をくれた卒業生のみなさん、保護者のみなさん、心配してくれていたみなさん、本当にありがとうございました。復帰後会いに来てくれているみんなもどうもありがとう!!

ゆっくり休ませていただいたおかげで、出産や育児を楽しませていただきました。

子どももすくすく成長しております。

そして、保育園問題。

ニュースで問題になっていることを目の当たりにした日々でした。何箇所も見学に行ったり話を聞いたり、流行りの『保活』を経験しました。都会は大変ですね。

復帰後はワーママとして過ごしていますが、これがまぁおもしろいぐらい大変!

仕事が終わって、保育園に迎えに行って、家に帰ってごはん作って、お風呂入れて、明日の準備をして、寝かしつけて・・・。体力勝負です。せめて実家が近ければなぁ・・・なんて何度思ったか。

でも仕事も子どももどちらも大事なので頑張らなきゃ!!

そんなわけで、帰る時間は若干早いのですが、とりあえず学校にはいますので、卒業生のみなさん、保護者のみなさん、関係者のみなさん、連絡待っていますね。

ブログ記事を読む

「花」と言えば「桜」(「日本の桜」スケッチ)

亀貝 一義

170430 新川の桜.jpg

北海道では、今は桜のシーズンですね。休日にはあちこちで「花見」の宴がもたれています。花といえば桜。

花見というのだから桜でなくともチューリップでもスイセンでもいいのでは、と思うのですが、やはり桜の咲く木の下のパーティでなければムードがもりあがらないでしょう。

いつから「花は桜」というようになったかを少しだけ調べてみました。その昔、奈良時代(710~794)には桜というよりも梅が花の主流だったようです。

有名な「あおによし 奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり」の花は梅でした。この梅も遣唐使が中国から持ち帰った花だったといいます。「唐(から)のおみやげ」だったのでしょう。桜はそれから少し遅れて日本に入ってきたとのことです。
「梅の花が咲き誇っている、実にすばらしい、そして今栄えている奈良の都はこの花のようだ」というような意味ですね。

桜を見る会が開かれたのは平安時代(794~1192)になってからでした。この時期から盛んに桜が歌われます。
「世の中に たへて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」と在原業平(ありはらのなりひら)は逆説的に桜を歌い上げました。「桜などなければ、心は落ち着いて春をたたえることができるだろうに」。それほど桜は心を騒がせてくれたのでしょうね。

また大伴地主(おおとものじぬし)というひとは
「桜花(さくらばな) 今ぞ盛りと人は言へど 我は寂しも 君としあらねば」と歌って、彼女(恋人)のいないことを嘆きました。

繰り返しですが、「花見」といえば桜の花を見ることです。これは今も昔もあまり変わりありません。一番有名な「花見のイベント」は、豊臣秀吉の「醍醐(だいご)の花見」でしょうか。やはり平安時代に建立された京都にある醍醐寺(世界遺産)で、1598年4月20日(当時のカレンダー)に秀吉は自分に関係のある1000人以上を集めて大々的な花見の宴を催しました。世に言う「醍醐の花見」です。このとき桜を700本以上植えさせたといいます。
このイベントがどれほどすごかったかは想像もできません。
しかし秀吉はこの後まもなく死去し、豊臣氏も桜が散るように衰えていきます。

桜は「散りぎわの美しさ」としてもたたえられます。太平洋戦争の時、多くの若者たちは「同期の桜」を歌って死んでいきました。「咲いた花なら散るのは覚悟、みごと散ろおうよ国のため」と。
桜を愛しても「同期の桜」は二度と歌いたくありません。

ブログ記事を読む

実習生になりました

高村さとみ

 新学期が始まって数日が経ちました。生徒たちはいろいろな春休みの思い出を話してくれます。旅行に行った人、趣味に没頭した人、それぞれ休みを満喫したようです。私はというと、冬休みと春休みに合わせて24日間もの実習に行きました。私は今、社会福祉士の資格をとるために通信制の専門学校で勉強中なのです。フリースクールには毎年実習生の方がいらっしゃいますが、まさか自分が実習生の立場になるとは思ってもみませんでした。社会福祉士の実習としてももちろん学ぶことがたくさんありましたが、「実習生の気持ち」を味わうことができたのもよかったです。
 私は実習先のことを理解するために、その団体の「理念」を知ることが必要でした。理念が前提としてあって、それを実現するために団体の活動があるという理解なのです。それは定款や広報物に書かれているものもあれば、職員の仕事に対する思いでもあります。職員の方の思いを聞くために私は「自分の団体のことを、全く知らない人に何と説明するか。」と「利用者に将来どのようになってほしいか。」という2つの質問をしました。特に後者は理念に関わる個人の思い、というのがあらわれると思います。実習を終えるころにはこの質問に私自身も答えられるようになろう、と意識して日々を過ごしました。
 もう一つ。一日一日、目標をはっきりさせなければ実習はあっという間に終わってしまうものなのだとも感じました。実習計画に沿って実習先で学びたいことを具体的に考えていったつもりでしたが、日々の中で計画どおりに進められないこと、さらに加えて学びたいことが出てきます。そうしたときに、どう軌道修正して最終的に学びが深まるようもっていくのか。それをしなければ、一日が終わっても焦点のぼやけた振り返りになってしまいがちでした。
 さて、今年は初めてフリースクールの実習を担当します。良いタイミングで「実習生の気持ち」を味わうことができました。実習生がより多くの学びを得られるよう、今回の経験を生かして実習内容を組んでいくつもりです。生徒たちも実習生が来るのを心待ちにしていますが、私も今からワクワクしています。

ブログ記事を読む

カモメ

三和高校 桑名 八重

最近、札幌市内でもカモメが営巣・繁殖しているというのが一般的になってきた。
確かに道庁の池にはかもと一緒にカモメがいる。

私が街中でカモメに気づいたのは20年程前。
当時、学生で狸小路でアルバイトをしていた私は、夕方バイト先に向かう途中で鳴き声を聞くことがあった。
始めは「なんの鳴き声だ?」と思っていたが、そのうち滑空しながら飛ぶカモメを見るようになった。

何でカモメが・・・と不思議に思っていた頃、ニュースで取り上げられていた。
それによると、

もともと、餌を求めて豊平川に沿ってやってきたカモメ。
石狩湾からやってくるそうだ。
ススキノなどの繁華街のゴミが雑食のカモメにはぴったりだったらしく、居着いた。カラスよりも大きいから餌の確保も負けない。
そのうちビルの上で巣を作るようになっていった。ビルの上はちょうど自然界でのカモメの巣作りの環境と近いらしい。
天敵もおらず、街中はカモメにとって住みよい場所になっているとのこと。

なるほど。

それから20年。
気がついたら、ススキノ・道庁付近だけでなく、家の近所でもカモメを見かけるようになった。
確実に生息域を拡大している!!
・・・まあ、我が家は豊平川の下流域だからおかしくもないが。
夕暮れの空をカモメが飛んでいるのもいつもの風景になった。

生物は生きるために、どんどん新しい環境・世界に飛び出していくものだな、と思う。

人も生き物もみんな必死なんだよね。

春、新生活が始まった人もそうでない人もちょっとづつ変化の時期です。
私もカモメに負けないように、自分の居場所を作りあげていこう。

ブログ記事を読む

卒業生から学んだこと

渡辺莉卯

3月末、まもなく今年度が終わる。
全国では桜が咲き始めもう春の季節になってきているとはいえ、窓をたたく久しぶりの大雪を眺めていると札幌はまだまだ冬真っ盛りのようにも感じてしまう。

今月は三和高校の卒業式があり、おめでとうという温かい気持ちと、もう会えないんだねという寂しい気持ちとが渦巻いて、あっという間に1年間が経ってしまったことに驚いた月でもあった。また学校に遊びに来てほしいなと思いつつも、新しい場所で元気に楽しく過ごしてほしいなというのが1番で、卒業生のこれからを考えると私までワクワクしてしまう。

それぞれの道に進んだ生徒たちを見送りながら、ふと自分の高校3年間を思い出してみるとやっぱり卒業まではあっという間に感じて、楽しかったことや深く悲しんだことまでギュッと詰まっていたように思う。ただ今回、三和高校の卒業生を見ていて私とは違うなと感じたのはここまで真剣に将来のことを見据えて考えていたかということで、はっきりとは自分がどうなりたいのか、何をしたいのかとは全くと言っていいほど考えてなかった。

高校生の時、おそらく大丈夫だろうと、何が大丈夫なのかもよくわからないのだがそのわからないままで卒業の時期になっていた。

その中で私が意識したのはとにかく興味を持っていることができる場所に行こうというもので、何がしたいか決められないからこそ複数の興味がある分野を学べる場所に行くことにした。それしかやり方がないのだと思っていたが、今回の卒業生を見て、それだけではなくもっと色々な将来につなげる道や考え方があったのだなと改めて知った。1人1人違ってよくて、みんなと同じである必要も全くないのだ。

2年後3年後と、月日はあっという間に流れて三和高校もこれからどんどん卒業生を出していくだろう。私も、その度にまた温かい気持ちになったり寂しい気持ちになったりするのだと思う。そこまでに生徒たちが自分は今何をしたいのか、どこに行きたいのかと、普段の学校生活の中から私も一緒になって生徒と考えていきたらと強く思った。

ブログ記事を読む

旅立ちの日

三和高校 本間 香菜

 札幌自由が丘学園のすべての卒業式が終わりました。私は、三和高校の全日コース・月1コースそれぞれの卒業式、フリースクールの新しい旅立ちを祝う集いに出席し、3週間連続で毎週感動し、胸いっぱいの時間を過ごしました。

 その中でも私にとって1番の本番は、やはり担任をもつ月1コースの卒業式。9月に行った月1コースの卒業式を思い返すと、卒業までの準備もばたばたのまま、私にとって初めての自分の生徒の卒業式をあっとゆう間に迎えました。当日には、一気に卒業式の寂しさと感動との複雑な感情を実感し、出席をとるだけで寂しくなり、卒業式の最中には涙をこらえられずに号泣しました。また、生徒たちへのメッセージを伝える場面では、落ち着いて息も出来ず、きちんと話すこともできない程でした。

 今回の卒業式では、事前にスライドを作ったり卒業生それぞれにお手紙を書いたり、様々な準備をしながら「卒業までに様々な課題を一生懸命クリアしてきた生徒たちの成長」「一緒にたくさんの思い出を作って過ごしてきた彼らが去るという寂しさ」が込み上げて来てはこっそり泣き、こんな状態では本番にはどうなるのだろう...と思って過ごしてきました。

 その一方、この準備の中で、月1コースの生徒の授業以外での学校の思い出の少なさを改めて実感しました。そのため今回は、数少ない行事の1つである卒業式を、卒業生にとっても在校生にとっても楽しい1日したいと考えました。

 結果、3月10日の卒業式。感動で涙した瞬間もありましたが、生徒以上にはしゃぎ、寂しさをすっかり忘れて卒業式を楽しみました。(生徒にとっても思い出の1日になっているといいなぁと願います...)

 しかし、楽しかったと同時に一気に終わってしまった卒業式。終わった後から、卒業生との最後の1日がもう終わってしまったという事を実感し、一気に寂しさが込み上げてきました。卒業式帰りの札幌に向かう車内、翌週の学校は「卒業生たちがもう三和の生徒でなくなってしまった、もう学校に来ない」という寂しさが一番のピークでした。数日経った今でさえ、その寂しさが時々顔をだします。

 けれど、教員になって初めてのクラスで今回の卒業生を含む生徒たちと過ごし、たくさんの事を教えてもらった1年間。卒業式の嬉しさと寂しさを思い知った今年度の2回の卒業式。今は、何よりも感謝の気持ちでいっぱいです。これから何回、こんなに寂しい思いをするんだろうと思うと恐ろしい気持ちもありますが、今の在校生たちが成長し卒業していく時はどんな顔をしていくのだろう・・・という期待の気持ち。

 この気持ちとともに、これから先も私の学校生活が続いていく事でしょう。

ブログ記事を読む

春はあけぼの。

 高村さとみ

 料理漫画が好きだ。

 「きのう何食べた?」「花のズボラ飯」「高杉さん家のおべんとう」「甘々と稲妻」「いぶり暮らし」。どれも日常の自炊をテーマにしている。これらとはやや趣旨がちがう漫画で「ワカコ酒」というものがある。20代の女性が一人店に入って酒を楽しむ漫画だ。内容はおつまみとそれに合わせた酒の描写が大半を占める。私も20代半ばから一人飲みを始めた。多人数の飲み会も楽しいが、一人だと自分の飲みたいお酒、食べたいおつまみを自分のペースで楽しめる。家でも店でも楽しい。飲むお酒はもっぱらビールか日本酒である。好きなおつまみナンバー1を決めるのはとてもとても悩ましい。その時の気分、家で飲むのか、店で飲むのかなど状況によりけりだ。
 疲れているときはジャンクなものが食べたくなる。ポテトチップスのような菓子類やコンビニのレジ横に並ぶコロッケ、唐揚げなど。逆にこういうものを店で頼むことはほとんどない。たまに無性にソース味のような濃い味が食べたくなる時もある。これらには第3のビールがいい。すっきりしたビールと油、濃い味の組合せが好きなのだ。
 気分が良いときも落ちているときも日本酒がいい。気分が落ちているときには熱燗で体からあたためたい。ゆっくりじっくり飲むには塩辛や酒盗、ホタルイカの沖漬けなどの珍味。ちょびっと食べて、ちょびっと飲んでで永遠に酒がすすむ。気分の良いときは冷酒。日本酒はどれも好きだが、フルーティな香りの広がるものが特に好きだ。冷酒に合わせるならあたたかいおつまみがいい。おでんや煮物は具もおいしいが、正直だし汁だけでもおいしく飲める。
 店にあるとつい頼んでしまうのは、レバーやモツ煮などの内臓系。家で飲むときは上記のように安く手軽なものがいいが、店では家であまり食べないものを食べたい。レバーはたれで、焼き過ぎていないふわふわのものがいい。焼き鳥にはビールだ。
 漬物や刺身などさっぱりした味わいのものには日本酒がいい。刺身はそのままでも昆布じめでも漬けでも全ておいしい。牡蠣もあればつい頼んでしまう。焼きか蒸しでレモンをかけたい。おととしの夏、福島で食べた牡蠣が忘れられない。北海道で食べるものと形からしてちがう。まんまるでぷっくりしていて大きい。1つ食べるだけでもものすごい満足感だった。(以降、300余段までつづく)

ブログ記事を読む

「怖さへの挑戦」

                                              渡辺莉卯

突然だが私は道産子にも関わらず、昔から氷道というのがかなり苦手である。

小学生の頃、私に住んでいた地域では同じ地区の児童数名で集団登校するのが決まりになっていた。私のいた地区でも1年生から6年生まで10数名で待ち合わせをしてから、毎日登校していた。

私が小学校1年生の時、冷え込んだ風が頬を突き刺すような冬の朝のことだった。
いつもように皆でぞろぞろと登校していたのだが、ある場所で私はまったく動けなくなってしまった。実は私達の住む地区は坂の上にある。学校に行くにはまずこの長い坂道を下りなければいけなかったのだが、この日は前日からの寒気の影響でその道がツルツルに凍っていたのだ。

幼い私は、生まれて初めて見る1歩でも踏み出すだけで滑り落ちていきそうな長い氷道を前に、恐怖ですっかり足が竦んでしまった。そうこうしている内に周りはどんどん先に進んでいき、置いていかれる不安もあって半泣き状態だった。それでも情けないことに一向に足が前に出ないのである。

結局最後までどうしても1人で歩けず、優しい上級生に手をひかれながらゆっくりゆっくり下りていった。それ以来、私は氷道がすっかり怖くなってしまったのだ。

つい先月、数名の生徒と一緒にスケート実習に参加してきた。
氷上を歩くのが怖い私にとって、なんと十数年ぶりのスケートリンクだ。怖さを抱えつつ、それでも生徒と手をつなぎながら一緒に滑り、ヨロヨロしながらも最後まで楽しむことができた。それでもまだまだ上達までには程遠い感じである。

怖いことや苦手のことは誰にでもあると思う。怖さへの挑戦はいつだって大変だが、それでも自分のペースでくりかえし取り組んでいくことでいつか怖さに打ち勝ち、できた!という自信に繋げていきたいと今でも強く思う。

ブログ記事を読む
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別アーカイブ