トップページ > スタッフブログ

新学期開放デー

今日は新学期開放デーというイベントを行いました。

普段、フリースクールの見学は随時できるようになっていますが、もう少し気軽に遊びに来られる日をつくりたい、という主旨でフリースクールの開放日としました。

午前中はおもてなしのためにお菓子をつくったり、生徒から活動説明をできるように準備したり。

予約がなかったのでひょっとすると誰も来ないかも・・・とみんなで心配していたのですが、遊びに来てくれた人がいてとってもうれしかったです。

お菓子を食べたり、ゲームをして一緒に過ごしました。

ところで、今日やったゲーム「テレストレーション」は前の人が書いた絵を見て次の人が何の絵かを言葉にして、それをさらに次の人が絵にして・・・を繰り返すゲームなのですが、なかなかおもしろい絵が集まりました。

P4170018.JPGP4170021.JPGP4170026.JPGちなみに2番目の絵は「福神漬け」だそうです。

ブログ記事を読む

昼食づくり

11日(木)から新学期がスタートしたフリースクール。

うれしいことに、たくさんの体験入学生が来てくれています。

今日はレクレーションも兼ねて、みんなで昼食づくりをしました。

メニューは餃子、中華スープ、デザートのワッフルです。

餃子は200個近く包みました。

今年もたくさんおいしいものを作ります!

i0fRvlCbkKxCrus1555405613_1555405660.jpg


P4160032.JPG

ブログ記事を読む

新学期が始まりました!

今日からフリースクールの新学期がスタートしました!

生徒15名と例年よりもにぎやかな雰囲気でのスタートです。

うれしいことに、体験入学をしたいという子も来てくれました。

今週と来週はミーティングで行事の確認をしたり、レクレーションをしたり、お昼ごはんをつくったりとのんびり過ごします。

4月18日(木)には誰でも遊びに来てOKな「新学期開放デー」というイベントもあります。

新しい仲間が来てくれるかな~、とみんなでワクワクしています。

P4110014.JPG

ブログ記事を読む

新しい旅立ちを祝う集い

各学校で卒業式が行われるこの時期、
フリースクール札幌自由が丘学園でも卒業を祝した「新しい旅立ちを祝う集い」が開催されました。
(卒業式」と呼んでいないのは、学校を卒業するしないに関係なく、この時期にフリースクールを旅立つ人をみんな温かく送り出したいという気持ちからです)

P3190127.JPG

毎年この集いは、卒業式に近い厳粛な雰囲気で、合唱発表なども交えながら行ってきました。
しかし、今年のメンバーは何となくそうしたやり方がしっくりこない様子。

三学期に入ってから生徒たちとあらためて相談すると、
「卒業生と過ごせる最後の機会だから、どうせだったらみんなでワイワイ楽しめる一日にしたい」
という希望が出たのです。

ここで柔軟に方針を再検討できるのが、フリースクールのフリースクールたるゆえん、のはず。
生徒たちとアイデアを出し合いながら、今年はパーティーと式の二部に分けて一日を構成し直しました。

P3190105.JPG

P3190115.JPG

保護者の皆さんもパーティーから参加して、おいしい手巻き寿司と麻婆豆腐を用意してくださいました!

P3190114.JPG

しかし、この「キケン」とは...!?

P3190133.JPG

実はある生徒から「麻婆豆腐は激辛がいい!」とリクエストがあったため、ノーマルバージョンの他に特別仕様も何皿か作っていただいたのです。
激辛、でも激旨でした!

LMEoSPxZCsUB5Bm1553063984_1553064032.jpg

パーティーの司会は在校生。
乾杯の音頭は卒業生。
年度の最後までこの手作り感。素直にいいなあと思います。

シュールな回答多発の大喜利大会で大笑いして

rAQAYW5HQs4W_8n1553064182_1553064396.png

ギターと歌で送る「3月9日」にしんみりして

6RzxAikPhmsTYDp1553064430_1553064573.png

そんなパーティーの後は卒業証書の「受領」式。
(卒業生が主役なので、証書を受け取る側が主語になるよう「受領」という表現にしています)

ここでも在校生が司会。今までスタッフがやっていたことも、今年はいろいろ生徒に任せてみました。

なので、写真好きの生徒がカメラマンです。

aChPbgqS_W5gG7d1553064635_1553064656.png

卒業証書の内容は一人一人違うものです。
みんなと過ごした日々を思い返しながら、スタッフがそれぞれ向けに文面を考えました。

P3190199.JPG

P3190198.JPG

送辞と答辞も、誠実な気持ちがこもったものだったり、ユーモラスなものだったり。

vLn0QQSWMhB9EuQ1553064712_1553064757.png

何だか隅々まで一人一人の「らしさ」が出ていました。

こうして、9名の仲間を卒業生として送り出した「新しい旅立ちを祝う集い」。
生徒が希望したとおり、最後までワイワイ楽しく終われて本当によかったという安心感と、
みんなが帰ってポッカリした教室への寂しさと感慨深さと...

P3190280.JPG

いろいろな感情を抱えながら、新年度への準備を重ねる春休みが始まりました。

でも、もう少しだけ、この感慨と思い出を味わっていたい気分です。

mZk91ZVu55wC31U1553064957_1553065090.jpg

卒業おめでとう。また会おうね。

ブログ記事を読む

生徒の授業「人の気持ちになって行動することは本当に可能か」

ある日の授業「What's LIFE?」。
この日のテーマは「人の気持ちになって行動することは本当に可能か」でした。
なかなか深いこのテーマ。発案したのは生徒、そして授業を行ったのも生徒でした。

Pg_EZJETaChitXh1552297823_1552297920.png

授業者のK君は、まず
①自分と他人が違う人間である以上、人の気持ちに『なる』ことはできない
②でも、人の気持ちをできるだけ『考えて』、そこに近づこうと努力することはできる

という自らの考えを説明。
最初は「難しいな...」と戸惑っていた生徒たちも、具体例を交えた説明とK君の明るい調子でどんどん食いついていきました。

MITywuBlrkGIHlw1552297994_1552298015.jpg

dR4Xy0ba461jICY1552298031_1552298042.jpg

K君は「自分の考えはこうだけど、みんなもいろいろと意見があると思うので、後半は話し合ってみてほしい」とグループ討論を提案。
すると各グループからは
「今まで『人の気持ちを考えるのって難しいなー』と思うのってどんな時だった?」
「さすがにその人に『なる』っていうのは...でも、役者さんなら役に入り込んで違う人生を経験したりできるのかな?」
など、楽しい議論がどんどん聞こえてきます。
中には
「あそこまで言われると、人の気持ちに『なる』ことができる場合も探してみたくなるよね~」と反論を完成させようとするグループも。
最終的には「まあ、K君の言うとおりなんだよね」というところに落ち着きましたが、その結論に至るまでのモヤモヤとした過程がまた面白いものなのです。

H3BhePXCExhUnfA1552298067_1552298087.jpg

つい先日まで公立高入試もあり、ここしばらくはラストスパートの雰囲気も強くありましたが、
やはりこんなふうに、じっくり語れてオリジナリティのある授業は楽しいものですね。

K_p38yn5htS2KiS1552298110_1552298126.jpg

K君、お疲れさま! ナイスチャレンジでした!

ブログ記事を読む

授業もやっています(理科のようす)

年度も終わりに近づいたところで、「そういえば、行事のことはたくさん紹介したけど、普段の授業についてあまり触れていなかったかも!」と気づきました...。

ということで、今日はある日の理科の様子をご紹介。
生物と第1分野(物理・化学)の2クラスに分かれて学習しています。

こちらは生物クラス。

P2270048.JPG

3L2Q3LN5IFix5NO1551858745_1551858805.jpg

細胞分裂の話をしています。
ピンクに見えるのは細胞の核。
「ちょっと気持ち悪いかも~」という声もありましたが、
みんなみーんな、細胞でできているのですヨ。

画像を見ながら、和気あいあいと(?)話し合っていました。

一方こちらは第1分野クラス。

P2270041.JPG

P2270040.JPG

原子の成り立ちとイオンについて学んでいます。
なかなか難しそう...。でも頑張って話を理解しています。
人数は少ないけど真剣な様子でした。

そしてその時、スタッフルームでは中学三年生が自習に励んでいました。
ボランティアスタッフも協力してくれています。

P2270042.JPG

二人はこの時、まもなく控えていた高校入試に向けてラストスパート中。
過去問題を中心に、熱心に取り組んでいました。

今日は無事に入試を終えたはず。あとは天命を待つばかりです。
私たちスタッフも、しばらくは神頼みの日々です。

ブログ記事を読む

スキー第2回

大きな地震から一夜明けた2月22日。
札幌では大きな混乱は見られませんが、厚真町で断水が続くなど、まだ地震の爪あとは残っていました。

それでも、安全に気を配りながらまずは日常を続けよう! ということで、
予定通り今日は2回目のスキーに出かけてきました。

Dz_TQqbVsAAl75u.jpg

QbhmRe5WdaCCEaK1550884118_1550884555.png

Dz_TQqbUYAEAtXQ.jpg

幸いゲレンデの状況も良好。そして、吹雪にこごえた先週よりずっと暖かい!
最後までとても気持ちよく滑れました。

お昼はみんなでポテトフライをつまんでワイワイ。

qg3mXDVlBELFvI51550884922_1550885030.png

ごく普通の日常を楽しめるって、それだけでいいものですね。

ブログ記事を読む

【越智基金・市民活動支援基金事業が終了しました】

 フリースクール札幌自由が丘学園は今年度、北海道NPOファンド「越智基金」・「市民活動支援基金」による助成を受けています。助成事業が終了しましたので、こちらでご報告します。

〈助成事業① 調理の日 全3回〉
・2018年5月11日(金) 北区民センター実習室 ピザ作り
・2018年12月17日(金) 北区民センター実習室 ドライカレー作り
・2019年2月7日(木) 北区民センター実習室 自由メニュー作り

DSC_0119.JPGDSC_0097.JPG 

P2070128.JPG P2070132.JPG

 ピザ作りでは1人1枚ピザ生地をつくりました。また、トッピングを多種類用意し、自由にトッピングできるようにしました。年度初めだったので、あまり複雑な作業はせず自由で楽しい雰囲気で調理できることを目指しました。火力の調整がむずかしくピザを焦がしてしまうこともありましたが、互いのピザを分け合いいろいろな味を楽しんでいました。
 ドライカレー作りは野菜を細かく切ることに挑戦しました。また、グループごとに話し合ってサラダ・汁物のメニューを決め、献立作りの練習も行いました。調理の得意な生徒がグループ内をリードし、調理経験のあまりない生徒をサポートしながら取り組みました。
 自由メニュー作りは年度最後の集大成となるように、グループごとに主菜・副菜・汁物のメニュー決めを行いました。あるグループでは韓国料理をテーマにチーズドッグやヤンニョムチキンを作るなど、それぞれのグループの特色が表れたメニューとなりました。こちらもそれぞれの料理を試食し、感想を伝えあっていました。
 調理の日以外にもお菓子や軽食作りの時間をもっていることもあり、全体的に調理の技術に成長が見られました。また、調理以外にも調理台の整理整頓、皿洗いや清掃など、それぞれのできることを自主的に行う姿勢が見られました。
普段関わりの少ない生徒同士がグループになることで新たな人間関係づくりや互いの長所を発見するきっかけにもなりました。

〈助成事業② 体育活動 全4回〉
・2018年7月25日(水)、10月26日(金)、12月6日(木)、12月20日(木)札幌市中央体育館

DSC_0416.JPGDSC_0422.JPG

 体を動かすことが苦手な生徒もいるため、「楽しく体を動かすこと」を重要視しています。体育活動の日にはまずミーティングを行い、その日の種目決めを行います。何種目できるか、場所の時間調整なども含めて生徒たちで主体的に話し合います。
 試合形式で体育を行う場合が多く、男女・学年・種目の経験者と未経験者が混合で試合を行うことになります。そのため、例えばバスケットボールではチームのリーダーを2人立て、チームの能力差が偏らないようにメンバーを決めていきます。様々な生徒が参加するため、全員がボールに触れるようにパスを回したり、激しいプレーはしないなど周りに気を配りながらプレーする様子が見られました。
 体を動かすことが好きな生徒も苦手な生徒も、それぞれのできる範囲での体育活動を楽しみました。ウォーキングや遠足といった行事も含めて健康的な体づくりのための貴重な機会となりました。

ブログ記事を読む

2/12はスキーでした

前日夜まで「PRIMITIVE」を鑑賞してからの、スキー学習の日。

札幌自由が丘学園ではスキーのほかスノーボードでの参加もOK!
ということで、半数近くの生徒がスノボで参加しました。

oFFQOK7ncIbdlH11550128752_1550128828.png

午前中はかなり天気が変わりやすく、
晴れてスタートしたかと思えば、すぐに激しい吹雪!

P2120113.JPG

ま、前が見えません...。

でも、そんな中で時間ギリギリまで滑りきった後はお昼がうまいのなんの。
カレーにラーメンにいくら丼。

hJINXFtGVTyZDlN1550135060_1550135288.png

ちなみにこのうち二人はさらにカレーをおかわりしていました。
男子中学生の食欲、畏るべしです。

午後からは晴れ間が広がって...

DzL0ynWUwAAbp-1.jpg

どうです、この景色!

DzL0ynXV4AEB617.jpg

P2120120.JPG

最後まで気温は低かったけど、札幌を一望しながら滑る気分は最高でした。

ブログ記事を読む

さっぽろ創世スクエア見学&「PRIMITIVE」鑑賞

三学期も行事が続きます。

2/11は祝日でしたが、みんなでさっぽろ創世スクエアに出かけました。

札幌の中心部、大通近辺の西1丁目・東1丁目は、ここ最近「創世1.1.1区」として再開発されました。
その中心となるのが北1西1に建てられたさっぽろ創世スクエアです。
学園から歩いて15分ほどで行ける立地ですが、まだみんなで訪ねたことはありませんでした。
どんな施設なのか、事前学習で少し調べてから、雪を踏みしめて行ってきました。

まずは館内をめぐってクイズラリーです。
プリントはこんな感じで...。

創世スクエアクイズ0001.jpg

P2110101.JPG

8MqViHx2D8lmKB_1550050496_1550050571.png

DzGsmQrVYAAE-9r.jpg

予定は1時間でしたが、開始から40分ですべてのグループがほぼ同時にゴール!

DzGwJ-1UYAABG_u.jpg

無事にスタッフの高村を発見しました。

そしてその後はこちら。

DzHI65yUcAADm8U.jpg

「PRIMITIVE」というダンス・音楽の公演です。

公演中の写真は撮れませんが、会場となった「札幌文化芸術劇場hitaru(さっぽろ創世スクエアの4~9階)」の中は撮影OKでした。

aN6fUgGXVYg2d1h1550050871_1550050926.jpg

P2110106.JPG

DzHHwdHUwAEATxo.jpg

なんというゴージャス感。完全に非日常空間です。
この場を体感できただけでも貴重な体験でした。

「PRIMITIVE」の内容は実に多彩でした。
コンテンポラリーやヒップホップなどのダンス、男声合唱、ピアノやチェンバロの独奏、吹奏楽...
それらがノイズを多用した斬新な音楽・映像とリンクしながら登場します。
さらにゲストシンガーとして登場したのは、上田前札幌市長!
写真でお見せできないのは残念ですが、それらがバラバラに存在するのではなく、札幌の歴史の流れをたどるようにして繰り広げられる壮大なものでした。

生徒たちの反応は「すっごい面白かった!」「難し~」「なんかビックリした」とさまざま。
「難解だけど何だかパワーのあるもの」に触れてほしいという願いで行った鑑賞、その願いどおりだったかもしれません。
札幌の文化への視点がちょっと広がってくれればうれしいです。

実はこの翌日がスキー学習。
予定が詰まっていますね~。生徒たちは無事に滑れたのか...?
スキーの様子はまたお知らせします!

ブログ記事を読む
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月別アーカイブ