2022 年 9 月 27 日

宿泊学習in蘭越(3)牧野農園はおいしい農園!

宿泊学習、2日目のメインの目的地は蘭越町内の「牧野農園」です。



牧野農園は、東北から移住してきた牧野さんご夫婦が営む農園。
トマトやイチゴなど、有機栽培のおいしい野菜・果物を生産しています。
そして、牧野農園の特色は、いろいろな人が関わる場だということ。
フリースクールの小中学生たちも快く受け入れてくださいました。

まずは畑の草むしり。
手や鎌を使って、機械も使って…











いろいろ話しながらも手を止めずに作業に打ち込んでいると、ちゃんと地面がきれいになりました。


そしてその後は、なんとピザ窯でピザ作りに挑戦!
農園でピザが食べられるなんて、意外だけど実に魅力的な組み合わせです。
自分たちで伸ばした生地に、畑で採れたトマトやバジルを乗せて、
牧野さんお手製(!)のピザ窯で焼けば、あっという間にマルゲリータピザの完成!









まあそのおいしいこと。
文章を書いていてもまた食べたくなるくらいの、忘れられない味でした。
生徒たちも「今まで食べたピザの中で一番おいしい!」とテンション最高でした。
 
ピザを焼いている間も、デザートピザに使うくるみを割ったり、テーブルを設置したり、枝豆を処理したり…
みんなでやることはたくさんあります。





あれこれ動いて、外で風に吹かれながら食べるからこそ、なおさらおいしい時間でした。


最後におみやげのトマトを収穫して、牧野農園での一日は終了。







ふり返れば、貝の館・硫酸山・そして牧野農園と、今回の宿泊学習は自然の持つ魅力や難しさ、そして私たち人間の歩み方へのヒントがたくさん見つかる旅でした。
そしてもちろん、記事にしていない温泉での楽しい時間や移動中のことなど、学園のメンバー同士の心がぐっと近づく場面もたくさんありました。
 
モノではなくても、経験や記憶という財産がたくさん生徒たちに残っていてくれたら、私たちもうれしいです。
 
蘭越、またぜひ行きたい町です!




2022 年 9 月 22 日

宿泊学習in蘭越(2)ふしぎな山 「硫酸山」

宿泊学習、貝の館に続いて向かった目的地は「硫酸山」という山。
地図に載っている公式の山ではなく、蘭越在住の下島亘さん・綾子さんの私有地です。



ことの起こりは2004年。
下島さんが購入したこの山には、土が露出して植物が生えていない箇所が大きくありました。





(写真:下島亘さん)


自分の山になったら植物を植えて緑の山にしようと考えていた下島さんでしたが、
なんとその土は空気や水に触れることで硫酸を生成するという、超強酸性の土。
これでは植えても植えても植物は枯れるばかりです。
大昔の火山活動、そして近年の開発による土壌掘削がこの「硫酸山」を生み出したのでした。
 
しかし! 下島さんは簡単にあきらめません。
そもそも簡単にあきらめるわけにはいかないのです。下島さん一家の新居は硫酸山の目の前、むきだしの山は大雨で簡単に崩れてしまうのですから……。
 
そこからの奮闘については、下のリンクにある「硫酸山再生記」をぜひお読みください(無料で読めます)。
https://puboo.jp/book/81326
近隣の資源を最大限に生かし、多くの人の思いを集めてよみがえった硫酸山の話、ぜひ皆さんにも知っていただきたいです。
 



さて、そんな硫酸山に生徒たちとお邪魔したところ、さっそく下島さんお家の猫ちゃんがお出迎え。生徒たちは大喜びです。





内心「虫がいるところでは身体がすくむ生徒も少なくないかも……」と心配していたスタッフでしたが、なんのなんの。
猫ちゃんの癒しと下島さんご家族の頼もしいガイドのおかげで、すぐに安心して山と仲良くなれました。

その後は下島さんのディレクションで
・きれいな花を摘むチーム
・木の実やきのこを集めるチーム
・昆虫採集するチーム
に分かれて山内散策。

山歩きと言っても、いわゆる登山的な大変なものではなく、ゆるやかな坂をのんびりと寄り道しながら歩きました。
花もきのこも虫も(カエルやトカゲも)、たくさん見つかりましたよ!








そして最後は、これまで硫酸山に緑をもたらしてきた方々と同じように、植樹を体験しました。
掘れば掘るほど白い土。そこに豊かな黒土と苗を埋めて…。








さあ、大きくなるのは何年後かな?
いつかみんなで確かめに来たい、長くお付き合いしたい山でした。








(山の中ではお互い頭に花を飾り合ってキャッキャと喜ぶ遊びがはやっていました。みんなかわいらしいなあ)







2022 年 9 月 20 日

宿泊学習in蘭越(1)貝の館へ

札幌自由が丘学園が初めて訪れた町、蘭越。
羊蹄山のふもとの、農業が盛んな街です。



今年はこちらで宿泊学習を行いました。
1泊2日の短い旅ではありますが、1年ぶりの宿泊学習をみんなとても楽しみにしていました。



初日の目的地は2つあります。
まずは「蘭越町 貝の館」。
その名の通り、世界中の貝類が展示されていました。
また、貝以外のいろいろな水生生物、そして絶滅したアンモナイトのこともたくさん知れる場所でもあるのです。








ここでは見学のほか、アンモナイトの模型に鉛筆で色をつける体験もできました。
この色ツヤをご覧ください。本物みたいではありませんか…!





鉛筆&色鉛筆でここまでの再現ができるなんて。生徒の実力と根気にも、鉛筆のポテンシャルにもびっくりです。


マイクロプラスチックのもたらす影響など、環境問題についてもたくさんレクチャーしていただきました。生徒たちも真剣な様子で聞いていました。






宿泊学習シリーズは紹介したい話がたくさんなので、何回かに分けてお届けします。
次回は「硫酸山」なる不思議な山のお話。
植物が育たない強酸性の土壌の山を、緑によみがえらせた人に出会ってきました。


2022 年 9 月 12 日

ありがとう! フィールド実習生のみなさん

北星学園大学の皆さんのフィールド実習が終了しました。

実習中は藻岩山に登ったり、みんなでゲームをしたり、
実習生さんの授業で盛り上がったり。












「相貌心理学」なる学問を紹介してくれた授業では、
みんなで福笑い的につくりあげたキャラクターの顔を性格分析するという作業に挑戦。
 







そして地理の授業も、みんなで「札幌自由が丘観光」として日本や世界の名物・名所を紹介する時間に変身。



 


どちらも笑いの絶えない時間でした。


最終日はお別れ会。
生徒たちの進行でいろいろなゲームを楽しむハイテンションな時間でした。が、
最後のあいさつでは、実習生さんも生徒たちもつい涙が…。
 





それだけ親しくなれた、お互いが心の支えになれたという証だと思います。


11月にはこちらからみんなで大学訪問に出かけることになっています。
(その前に「大学祭に遊びに行くからね」と約束していた生徒もいました!)
実習が終わっても、きっとつながりはあるはず。
その日を楽しみに、また日常をぼちぼちがんばる私たちでした。
 





それにしても、5月は円山でハイキング、8月は藻岩山で登山。
そして来たる宿泊学習でも、蘭越町の「硫酸山」なる山に登る予定。

今年は山とご縁のある札幌自由が丘学園です…!

2022 年 8 月 25 日

二学期スタート・実習もスタート!

今週から二学期がにぎやかに始まりました。
初日から活気にあふれていたのは、生徒たちがたくさん来ていたこと・北星大のみなさんの実習がスタートしたことによるものでしょう。



6月の社会福祉学部の方々に続き、こんどは文学部心理応用コミュニケーション学科のみなさんの「フィールド実習」が始まっています!


授業ではバルーンアートを作ってみたり、





体育で汗をかいたり。



普段どおりの活動も、パワフルな実習生の皆さんと取り組むとさらに楽しくなります。



来週には授業も担当することになっていて、生徒たちもとても楽しみにしています。
生徒も大人も、最後まで元気に過ごせますように!

2022 年 7 月 29 日

「夏の勉強会」からの「みんな食堂」へ

今週から夏休みに入ったフリースクール札幌自由が丘学園ですが、休みに入って早々「夏の勉強会」を開催していました。
それぞれ取り組みたい教科を選んでじっくり学ぶ時間です。



日頃から苦手としている教科に敢えて取り組む生徒もちらほらいました。





暑い中、本当によく頑張っていました!


そんな「夏の勉強会」も今日でラスト。
終わった後は、学園お隣の「イートアライブ」さんで行われている「みんな食堂」にご飯を食べに行きました。
「子ども食堂」的な取り組みですが、子どもだけではなく大人でも誰でも気軽に来てほしい…という気持ちで「みんな食堂」にしたのだそう。
メニューは夏にぴったりのおいしい冷やしラーメンです!





運営しているメンバーの一人は、学園ボランティアスタッフの菅野さん。今日はお子さん連れ。



実は、学園の卒業生でもあります。
 
そして、会場となった「イートアライブ」は、数年前まで食堂「ひかり亭」が入っていたところです。
「ひかり亭」さんからは、かつて給食の提供などでたくさんお世話になりました。
この「ひかり亭」も、ある卒業生の親御さんたちが始めたお店(就労支援施設)でした。
 
いろいろなことが移り変わっても、自由が丘のすぐそばで、こうして子どもたちを想う気持ちのリレーが続いている…
そのことにひっそり感激しながら冷やしラーメンを食べきりました。
ごちそうさまでした!

2022 年 7 月 21 日

海の日のマリンスポーツ体験

夏です! 海です!
空模様はイマイチだけど、とにかく夏です! 海です!



7/18(海の日)、恒例となった銭函ヨットハーバーでの一日が始まりました。
マリンスポーツの体験です。
札幌セーリング協会のみなさんに用意していただいたのは、ウインドサーフィンとSUP(スタンドアップパドルボード)。
風が強かったため、ウインドサーフィンは陸上での練習のみ行いました。
陸上とはいえ、なかなかサマになっています。
 



 
SUPは、長いボードの上に立ち、パドルを使って海面を漕いでいくスポーツです。
はじめのうちは立つのがなかなか難しいので、まずは座って……。


 
でも、沖に出て波が落ち着いてくると、徐々に立ち漕ぎができるようになってきました!
みんな、なかなかの体幹でしたよ。
もちろん、落ちてしまうこともありますが、それもまた楽しいのです。

特大ボードにみんなで乗り合わせたり、岸辺で思い切り遊んだり、
涼しいながらも、海を満喫できた一日でした。




2022 年 7 月 12 日

「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」が始まりました

みなさんご存じの洋服メーカー、ユニクロの方々が学園にやってきました。
このたび学園で参加する「“届けよう、服のチカラ”プロジェクト」に向けてのレクチャーのためです。



“届けよう、服のチカラ”プロジェクトとは、
難民の方々など、服を必要とする人々に子供服を届ける活動のこと。
ユニクロ・GUを運営する㈱ファーストリテイリングが、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とともに取り組んでいます。
フリースクール札幌自由が丘学園、そして札幌自由が丘学園三和高等学校の生徒たちもこのプロジェクトに参加することになりました!
 
生徒たちは、今後ほかのフリースクールや地域の各施設に呼びかけ、着なくなった子供服を回収します。
そうした活動に向けて、ユニクロの社員の方々が予備知識をレクチャーしに来てくれましたというわけです。
 
「『難民』ってどんな人たちだろう?」
「そもそも服って何のためにあるの?」
 
そんな根本的なところからじっくりとお話してくださいました。





しばらく時間をかけて続けるこのプロジェクト。

生徒たちが世界と自分との関わりに目を向ける機会へ、
そして一人でも多くの方が今より豊かに暮らせるきっかけへ、
つながっていってくれたら嬉しいです。

2022 年 7 月 11 日

3年ぶり!地下鉄テーリング

札幌市民にはおなじみ、土日祝限定の地下鉄1日乗車券「ドニチカキップ」。
 
 
これを使ってみんなで市内をあちこち回る行事「地下鉄テーリング」を学園では恒例にしていました。
 
コロナ禍以降はずっと実施できずにいましたが…
今年は3年ぶりの復活!
 
3つのグループに分かれて、思い思いの場所に出かけてきました。
 
一番人気があったのは猫カフェです。
なんと3グループすべてが市内どこかしらの猫カフェを訪問!
ネコチャンパワーはすごい…。
 

 
スタッフ谷地もご満悦でした。
 
他にも、訪れたのは水族館やレストランなど。
また、これまでのテーリングの歴史で初めて、銭湯に行った子たちもいました!
小学生&中学生の女子コンビで仲良くあたたまってきたようです。
 
大通駅に戻ってきて解散となっても、なぜかみんななかなか帰ろうとせず、おしゃべり(とゲーム)の続きが始まっていました。
仲が良くて何より何より。

2022 年 6 月 17 日

円山でハイキング(いや、登山)

5月の円山動物園見学に続き、6月3日は円山(山のほうです)でのハイキングに行きました。

円山の登山道の中では、たくさんの観音像が立ち並ぶ「八十八ヶ所ルート」がとくに有名です。
大正時代、円山登山道が拓かれたときに、四国から北海道に移住してきた人々が献像したのだとか。



登山口では「ちょっと不気味…」という生徒の声も聞こえましたが、なかなかの和の風情です。

コースは短く、登るのにかかった時間も30~40分程度でした。
それでも、生徒たちの体力にはちょうどいいハードルだったようです。
ハイキングというよりは、しっかり「登山」の気分でした。



頂上からの景色はやっぱりすばらしい! 気持ちいい!



二学期には藻岩山での登山や強歩遠足も予定中…。
今からちょっとずつ体力をつけて、チャレンジを続けていきます。

(ちなみに、登山中の生徒たちの合言葉は、「落ちたら89体目のお地蔵さんになるから気をつけようね!」でした。恐ろしい…。)